出会い系の運営に脅され、お金を騙し取られた

出会い系サイトの運営に騙されて、一万円程度ですが、お金を取られてしまいました。

わたしはそもそも、出会い系サイトを利用して女性と出会ったことは一度しかなく、その一度というのも、ただ会って、少し写真を撮らせてもらっただけでした。

一応、相手が十八歳であることは(口頭ではありましたが)確認しましたし、児童へのわいせつ行為にならないように十分気をつけたつもりでいたのですが、運営によって、「大丈夫じゃなかった」ということが告げられることとなりました。

というのも、その女性との接触後、運営から「十八歳未満の児童にわいせつ行為をしたという届け出がこちらに来てます、今なら示談金でどうにかなるようですが、どうしますか?」というような内容のものが届いたのです。

相手が本当に十八歳未満だったのか、ということを考えるより先に、怖くなって指が震えだしてしまって、なるべく大事にならないうちになんとかしなければ、と思った結果、わたしは出会い系サイトの指定する口座に一万円程度のお金を振り込んでしまいました。

後から考えれば、一万円程度で済む話でもありませんし、相手から直接メールが来ることもなく、アカウントがすぐに消えてしまっていたので、すぐに振り込まずにもっと疑うべきだったと後悔しています。

出会い系の運営から脅されてお金を振り込んでしまった

わたしは五十歳の教職員なのですが、どうしても十代のような若い年代の女性が好きで、無料出会系アプリで十代の女の子を探してしまう傾向にあります。

なかなか十代の子とは出会うことができずにいたのですが、あるとき、女の子の方から「良かったら遊ぶ?」と声をかけてきてくれたことがありました。

こんなチャンスはなかなかないと思い、一緒に遊びに行ったのですが、いざホテルに入ろうとしたらそのままその女の子が「トイレに行く」と言ったまま逃げ出してしまいました。

「逃がしたくない」と思ったわたしは、思わず彼女の腕を掴んでしまい、端から見ると、「無理矢理援助交際をさせようとしてるおじさんと女子児童」のような構図になってしまいました。

まんまとそのまま逃げられてしまい、「出会い系はやっぱりダメだな」とガッカリしていていたのですが、その翌日、運営から「十八歳未満の児童から、強制わいせつ被害を受けたとの通報を受けました。現段階ならば、三十万円で示談が成立するそうですがどうしますか?」とのメールが届いてしまいました」。

一週間は無視していたのですが、「職場にバラす」というようなメールが来たのを見て「もう払うしかない」と焦ってしまい、業者の指定する口座に三十五万円を振り込んでしまいました。

その後、詐欺だと分かった後も、後ろめたくて警察には行けずにいます。

更新情報

△PAGE TOP